スーパーの社員を辞めたい!という方へ送る退職する方法

スーパーを退職する方法

「仕事辞めたい・・・。」と毎日思っても、「チーフになに言われるか分からない!」とか「そもそもどうすれば辞められるのかいまいちわからない!」といった不安があり、なかなか前に進めない状態になりがちです。

でもこれは、退職までのイメージが湧かないために起こる不安ですので、具体的に自分がどのようなことをすればいいのかというイメージを持って作業的にこなしていけば大丈夫です!!

どブラックパワハラ会社から抜け出した僕の実例を踏まえて、スーパーを退職する方法を解説していきます!

退職する理由(設定)を固めておく

まずは、「どうして」「いつまでに」職場を辞めたいのかを固めておきましょう!
スーパーを含めた小売業界は、人材不足が常態化しているため、この業界にとどまろうとしない優秀なあなたを引き止めようとする可能性は高いです。
辞めなければいけない事情の説明内容の深刻さが高ければ高いほど、上司からの引き止めを防ぐことにおいて有利です。

そのため、特に「どうして(退職理由)の部分はなるべく固めておきましょう。
また、「いつまでに退職しないといけないか」というところも固めておく必要がありますね。
次の就職先が决まったうえで退職する方は,入社の準備が間に合うような期限を設定しなければなりません。

「いつまでに」とその「理由」となる部分を持っておかないと、職場にとって都合のいい退職日を設定されてしまいます。

「今後どうするか」というところの設定も重要です。
上司「辞めてどうするの?」
あなた「決まってません。」
という展開はなかなか不利です.
多少話を盛ってでも、「あーもう俺がなに言っても無駄だな。」と思わせるような決意の固さを演出しましょう。

スーパーを辞める手順1:部門長(チーフ)に相談する

チーフや部門リーダーといったような部門を統括する上司に相談しましょう。
悩みの相談にのってもらっていたような仲でない限りは、サブチーフは飛ばしてもいいでしょう。
なるべくスムーズに店長への報告に漕ぎつけた方が無難なので、本当に辞めたいならできるだけ間に入れる同僚を減らしたいところです。

直属の上司に相談すると···最初の引き止めに合うかもしれませんね。
辞める動機やいつまでに辞めないといけないかを伝えましょう。

僕もそれなりに引き止めを受けましたが、そのときに話した言葉の中では、
「もう家族の承諾ももらってるんで···」というのが使いやすくて、便利だと思いました(めちゃくちゃ当たり前なことを言ってるんですけどね!)

スーパーを辞める手順2:店長クラスの上司に報告する

チーフ等の部門長の理解を得ることができたら、店長に報告をしましょう。
この段階で、退職の日が設定されるかと思います。

了解をもらえたら、退職届の様式などを確認しておきましょう。

スーパーを辞める手順3 :同僚に報告する

多くの場合、退職に一番近い出勤日に挨拶を促されるので、何かコメントを考えておきましょう。
また、同じ部門の同僚に引継ぎをすることを忘れずに。

スーパーを辞める手順4:離職票について聞いておく

できれば辞める前に離職票について確認しておきましょう。
離職票は、退職後に退職給付を申請する際に必要です。
辞めた後にハローワークに持って行き、手当ての受給を申請して説明を受けると手当てを受け取ることができます。

僕の場合、退職後数ヵ月たってもなかなか離職票を受け取ることができませんでした。
本社に催促しても「担当の者が退職してしまいまして引継ぎが・・・。」とブラック感満載の対応を受け、(どれだけ退職するんだ。)とても不安な日々を送りました。

スーパーを退職後:離職票を発行してもらいましょう

離職票を持ってハローワークに行きましょう。
次の就職先が決まっていたとしても受け取れる給付がある場合があるので、チェックしておくべきです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする